<ol id="9vzrl"><ruby id="9vzrl"></ruby></ol>
    <meter id="9vzrl"></meter>
    <listing id="9vzrl"></listing>

        <mark id="9vzrl"><i id="9vzrl"></i></mark>

          <mark id="9vzrl"><strike id="9vzrl"></strike></mark>

          <meter id="9vzrl"><strike id="9vzrl"><ruby id="9vzrl"></ruby></strike></meter>

              <mark id="9vzrl"><noframes id="9vzrl">

                CONTACT

                “The Innovative-Collective Management“

                2020年4月1日よりレスターホールディングスは、社長?會長等の役職を置かず、理念?ビジョンを共有した複數の代表取締役による「革新的グループ経営」體制へと移行しました。

                なぜ、経営體制改革が必要なのか?

                「革新的グループ経営」體制とは?

                2020年4月1日にスタートした「革新的グループ経営」體制は、以下の特徴があります。

                複數の代表取締役によるグループ経営
                社長?會長等の役職は置きません。(フラットな経営集団)
                ※體制が完成するまでは暫定的にCEOを配置

                代表取締役全員が、理念?ビジョンを共有し一體となり、
                経営全體とグループ重要事項に責任を持ちます。
                執行責任者全員が代表取締役となります。
                取締役會のスリム化によって、意思決定のスピードを上げます。
                従來の取締役會権限を他機関に大幅に委譲することによって、取締役會をミニマイズし、意思決定のスピードを上げます。
                取締役會のスリム化
                監査等委員會、グループ指名報酬委員會によって、
                コーポレート?ガバナンスの充実を図ります。
                法務?會計?経営等の高い専門性を有する社外取締役を監査等委員會のメンバー、グループ指名報酬委員會の委員長に選任しています。

                監査等委員會による各取締役への監査?監督、グループ指名報酬委員會による取締役への透明性の高い評価を通してコーポレート?ガバナンスの充実を図ります。
                監査等委員會、グループ指名報酬委員會。

                今後、レスターグループは、「革新的グループ経営」體制のもと、更なる多様な事業展開を実現し、グループの継続的な発展、企業価値の向上を図っていきます。

                永久免费AV无码网站-永久免费的av在线电影网-亚洲 中文 字幕永久免费